Ver1.61 β版
2004/07/09
・Tree部とList部の境界線をドラッグし幅を調整する機能を追加(gonn様)
・独自のレイアウトマネージャを実装することで画面の縦横切替えの追従を高速化
・入力パッドを表示すると2,3秒ちらつきがあったのを修正

【Tree!Text QT】
・行番号の色を設定する機能を追加(S.T.様ご要望)
・一部の文字コードEUCファイルにて文字コードの自動判断ができなかったのを修正(S.T.様)
・自動インデントが動作しない場合があったバグを修正(S.T.様ご報告)
・新規文書タブで「開く」とタイトルバーの文字コードがリフレッシュされなかったバグを修正

【Tree!Image QT】
・画像の読み込み中に「処理中です...」画面を表示
Ver1.60
2004/06/14
・Tree部のショートカットメニューを全実装
    「貼り付け」「削除」など
・フォルダ操作時のTree部の描画を自然な動作に全変更
・Tree部をペンタッチしたときに異常終了することがあったVer1.59のバグ修正
・Tree部の[+][-]をペンタッチしたときにアイテムが選択されるVer1.59のバグ修正
・英語メッセージを大幅に見直し完全英語化
・Languageの設定を記憶する機能を追加

【Tree!Text QT】
・文字サイズをポイント単位で変更できるように仕様変更
Ver1.59(NY) β版
2004/03/28
・Tree部にペン長押しのショートカットメニューを追加
    β版では「プロパティ」と「名前の変更」以外は使用できません
【Tree!Text QT】
・背景色と文字色の変更を可能にする機能を追加
・標準の文字コードを設定する機能を追加
・オプション画面のレイアウトを見直し
・ファイルメニューに文書プロパティ表示機能を追加
・表示メニューにタブ切り替え機能を追加
・以下のショートカットキーを追加
    Ctrl+Tab ... 前のタブ
    Ctrl+Shift+Tab ... 次のタブ
Ver1.55 β版
2004/03/02
【Tree!Text QT】
・行番号の表示オプションを追加
・カーソルラインの表示オプションを追加(17色)
・改行文字が選択されるよう表示回りを修正
・保存するとTree!Explorer QTが裏で起動する問題を修正
・折返し設定が幅自動の場合にカーソル位置が復元しなかったのを修正
・最近開いたファイルだとカーソル位置が復元しない場合があったのを修正
・折返し設定が幅自動の場合の文字数を調整
・「開く」「保存」ダイアログ表示を若干高速化
・検索ダイアログに「前を検索」ボタンを追加
・検索ダイアログにて履歴が消えることがあったのを修正
・「前を検索」にて上手く検索できない場合があったのを修正
・「前を検索」にて異常終了することがあったのを修正
・文字選択中に検索を行った場合に検索開始位置を2文字目からに修正
Ver1.53
2004/02/22
・[編集]-[クリップボード]メニューを追加
・お気に入りアイテムを削除するとゴミが残る問題を修正
・送るアイテムを削除するとゴミが残る問題を修正
・複数ファイルコピー時に上書き確認メッセージが何度も出るのを修正
・多くのファイルが存在する場合、List部が正常に描画されなかったのを修正
【Tree!Text QT】
・検索・置換機能を追加(高速全置換つき)
・Tabキーによる複数行インデントを実装(複数行選択してTabキー)
・最後に編集した位置にジャンプする機能を追加(Fn+5)
・指定行にジャンプする機能を追加
・ファイルを指定して起動する機能を追加(QCop方式、詳しくはreadme参照)
・Tabや全角スペースを選択するとマークが消えていたのを修正
Ver1.51
2004/02/15
・ipkg化する際にstripを行い実行ファイルサイズが約20%減少
【Tree!Text QT】
・「開く」機能を実装
・「名前をつけて保存」機能を実装
・描画ルーチンを見直し、スクロール速度を2倍程度高速化
・Fn+QとCancelのキー動作を入れ替え
 これによりCancelキーにてタブを閉じることができるようになりました
Ver1.50正式版
2004/02/08
【Plus+版のみ】
・オプションの「送る」でアプリ追加を選択方式に変更
・「送る」のコピー先に別名を付与する機能を追加
【Tree!Text QT】
・高速起動に対応
・「最近開いたファイル」機能を追加
・オプション設定画面を追加
    マークの表示,非表示
    折り返し設定
    文字サイズ変更(5段階)
    オートインデント
    TAB文字サイズ
    過去開いたファイルのカーソル位置復元
【Tree!Image QT】
・機能を実装しました。
    ↑↓キー ... 前後の画像
    ←→キー ... 回転
Ver1.42
2004/01/31
・プロパティ画面を機能アップ
    フォルダの場合、サブフォルダの合計サイズを表示
    MIMEおよび関連付けアプリの表示
    ダイアログのサイズを固定化
・List部におけるキー操作を一部変更
    →...フォルダを開く or ショートカットメニューを表示
    ←...上位フォルダに移動
    Shift+Enter...強制Tree!TextQT送り
・上位フォルダに移動した際に直前のフォルダを初期選択するように変更
・サイズのカンマ表示がまだバグっていたのを修正
【Plus+版のみ】
・送る機能を実装
    オプション画面にて設定ができます
    アプリケーションのほか、フォルダも送り先として登録できます
    フォルダの場合は選択中ファイルを送り先にコピーします
・T!TQTおよびT!IQTに優先して送る拡張子をオプション設定に追加
・他のアプリケーションに連携した際に連続起動になる場合があったのを修正
(2秒待ち処理)
・ライセンス登録機能を実装
【Tree!Text QT】
・オートインデント機能を実装
・ファイルを保存した際にTree!ExplorerQTのList部を更新
・タブを閉じた時に異常終了することがあったのを修正
・選択時に画面がちらついていたのを抑制
Ver1.40
2004/01/12
・一部のアイコンを見やすいように書き直し(切取りやコピーなど)
・ファイルサイズが表示されないことがあったVer1.35のバグを修正
・[表示]メニューに隠しファイルの表示・非表示を追加
・[開く]メニューに選択中ファイルのMIMEに従ったアイコンを表示持示
・[開く]にてMIMEに従ったアプリにて開く(Plus+版のみ)
・[送る]メニューを実装(Plus+版のみ)
・Tree!Text QTを同梱(Plus+版のみ)
・qcop呼出し機能を結局削除。。。
Ver1.35
2003/12/25
・一部のアイコンを見やすいように書き直し(濃色化、灰色化など)
・オプション画面を追加
    お気に入りの編集機能
    重ねアイコン(リンク、ロックなど)の非表示機能
    隠しファイル(.で始まる名前)の非表示機能
    起動時に前回のフォルダ展開を再現
・Fn+anykeyの他にCtrl+anykeyもキーボードショートカットとして追加
・ツールバーやアドレスバーの表示状態を終了後も保持
・ツールバーやアドレスバーのメニューにチェックマークを追加
・ファイルサイズを1000KB単位でカンマ区切り表示に変更
・ほとんどの場合フォルダ上書きコピーが失敗していた問題を修正
・フォルダ一括操作時に隠しファイルが処理されない問題を修正
・root権限で実行時にdrwx------のフォルダが閲覧できない問題を修正
・/usr/mnt.rom/や/var/mnt/や/home/samba/などもカードとして処理するよう変更
・Tree部List部の描画周りを若干高速化("お待ちください"も表示)
・homeとzaurusのアイコンを入れ替え
・お気に入りの初期値を見直し
Ver1.30正式版
2003/12/05
・パーミッション、所有者の変更を実装
・プロパティ画面のデザインを変更
・シンボリックリンクの場合はTree部List部にリンクアイコンを表示
・書込み不可の場合はList部にロックアイコンを表示
・実行可能の場合はList部に実行可能アイコンを表示
・コピー元がカードの場合、コピー先の所有者をzaurus:qpeにするよう仕様を変更
・コピー元がカードの場合、コピー先の権限を-rw-r--r--にするよう仕様を変更
・その他バグフィックス
Ver1.20β版
2003/11/26
・プロパティの表示機能を追加
・言語切換え機能を追加(English,French 一部未翻訳)
・ファイルコピー時にコピー元の属性をなるべく継承(日付、権限、所有者)
・お気に入りのショートカットキーを追加(Fn+I)
・ツールバー等の非表示モードを実装
・新規作成時に重複しないファイル名を初期表示
・Tree部の[+][-]マークを一回り小さいサイズに変更
・アドレスバーの履歴の保存件数を最大30に制限
・メニューの「閉じる」だと完全に終了しないバグを修正
・削除時に複数選択モードの場合はモードを解除
・フォルダコピー中に中断した時にTree部List部を正しくリフレッシュ
Ver1.10β版
2003/11/12
・フォルダの一括コピー機能を実装
・複数選択モードを実装
・コピー時、削除時の進捗状況ダイアログの表示を追加
・ファイルコピー中の中断に対応
・シンボリックリンクの作成を実装
・シンボリックリンクのコピー動作を変更
(実体コピーではなくリンクを作成)
・キーボードショートカットを追加
    Fn+A 全選択
    Fn+R 選択の反転
    Fn+5 最新に更新
・Tree部にもキーボードショートカットを追加
・環境変数PATHのフォルダのアイコンを変更
・QCopの呼出し機能を(私的に)追加
・SL-C7x0ビュースタイルの画面デザインを一部変更
・QVGAに(こんどこそ)対応
Ver1.03β版
2003/11/04
・フォルダおよびファイルの名前変更を実装
・ファイルの移動を実装(同パーティション内はパスの書き換え方式)
・戻る、進むボタンを実装
・/binと/mntのアイコンを変更
・QVGAにそこそこ対応
・BSキーで上位フォルダに移動
・Tree部の操作を改良
    ペンタッチしたときの選択処理を改善
    矢印キーで移動した時に0.5秒の遅延処理を入れた
    (イベントを間引いたのでQtopia1.7とかで動くか心配)
    Enter(OK)キーで子フォルダを展開
・キーボードショートカットを追加
    Fn+N … 新規フォルダ
    Fn+M … 新規テキストファイル
    Fn+BS … 削除
    Fn+B … 名前の変更
    Fn+X … 切り取り
    Fn+C … コピー
    Fn+V … 貼り付け
Ver1.00β版
2003/10/30
初版公開